うつ病について正しい知識を身につけしっかり対処しましょう

手を広げる

特徴を知る

うつ病になると発症する主な症状

日本では、うつ病の患者数が近年、増加していることで問題になっています。数値で表すと、うつ病の生涯有病率はおよそ16人に1人という結果があります。ですから、とても珍しい病気というわけではなく、誰にでも起こりうる身近な病気といえます。うつ病になると具体的にどのような症状があるかというと、第一に強い憂鬱感に襲われます。うつ病の場合は、はっきりした原因がないのにも関わらず、長期にわたってむなしい感情に襲われます。何もやる気が起きずに、ただむなしく日々を過ごすことになります。 その他の症状としては、睡眠障害、食欲不振、頭痛、吐き気、のどの渇きなどがあります。また、女性の場合は、月経異常が起こるケースもあります。

病気になりやすい人の特徴

うつ病を発生させる一番の要因は、仕事によるストレスです。仕事での人間関係、仕事内容や給料でストレスがたまることで、うつ病を発症させるケースが多いです。 なかでも特に下記に挙げる特徴に当てはまる人は、うつ病になりやすいです。たとえば、仕事で残業や徹夜が多くて自分の時間がとれない人です。このようなケースだと、ストレスを上手に発散できないことが多く、うつ状態になりやすいです。 その他にも、仕事の時間が不規則、看護師のように夜勤がある人もうつ病になりやすいです。仕事の時間が不規則だと、体内時計のバランスが崩れてしまうことで、うつ病にかかりやすくなります。上記に当てはまるなら、うつ病のリスクを減らすために、自分なりのストレス解消法を見つけることが重要です。

Copyright (c) 2015 うつ病について正しい知識を身につけしっかり対処しましょう all reserved.